リーガルV

【リーガルV第2話の感想】ラストまで見逃せないストーリー

2018年秋ドラマで大注目なのが、木曜よる9時放送のリーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜です。

米倉涼子演じる小鳥遊翔子が、元弁護士としてライバルのFelix & Temma法律事務所から勝利をつかみとる痛快エンターテインメントです。

1話も15.0%と高視聴率でしたが、2話はなんと18.1%のさらに高視聴率。

1話を見た人がおもしろいと周囲に話したのかもしれませんね。

みんな見ているリーガルV第2話のあらすじと感想を紹介します(ネタバレもあり)。

ドラマちゃん
ドラマちゃん
1週間の後半、疲れたころに元気をくれる痛快ドラマです。

リーガルV見逃し配信中[PR]

リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜2話のあらすじ

2話は、最近話題のパワーハラスメントについてです。

リーガルVの登場人物(第1話感想)はこちら

パワーハラスメントの無実をはらす

小鳥遊翔子が立ち上げた京極法律事務所に、世界的企業「太陽製紙」の元取締役 永島美鈴(斉藤由貴)が弁護を依頼してきたところから物語は始まります。

美鈴は初の女性役員として活躍していましたが、同時に3人の部下からパワーハラスメントを受けたと告発され、それを理由に会社をクビに。

納得がいかない美鈴は、会社に損害賠償を請求する民事訴訟を起こしましたが、頼んでいた弁護士が辞任してしまったとのこと。

そもそも弁護士が降りたということは勝ち目のない案件だと疑い、弁護を断ろうとする翔子ですが…。

決定的な証拠

美鈴が要求している損害賠償額が3億円以上と知った翔子は、成功報酬が高額になることに目をつけ、弁護を引き受けることにしました。

引き受けたのはいいものの、前任の弁護士が降りた理由が後から分かります。

白鳥美奈子(菜々緒)から入手した録音データを聴いたところ、そこには決定的なパワーハラスメントの証拠が録音されていました。

美鈴が部下にビルから飛び降りるように迫り、暴言を吐き、暴力を振るっている様子が録音されていたのです。

この証拠があればパワーハラスメントはあったと認めざるを得ず、敗訴はほぼ間違いないのですが、ここからどう形勢逆転するかが2話の見どころです。

ドラマちゃん
ドラマちゃん
翔子はどうやって無実を証明しようとしているのでしょう。

証人の奪い合い、勝ったのは!?

京極法律事務所のメンバーで調査したところ、世界的企業「太陽製紙」の生産事業部長 城野優(平山浩行)が美鈴ととても仲が良いと聞き、証人になってほしいと青島圭太(林遣都)が依頼に向かいます。

でも、城野はまだ会社に勤めていて自分の出世も関わっているので、会社に有利な証言をするためにライバルのFelix & Temma法律事務所側の証人として出廷します。

全員が見守る中、城野は「美鈴はパワーハラスメントはしていない。むしろ専務が仕掛けた罠だ」と衝撃のコメントを残します。

その後、録音データを持っていた部下も出廷し、あの録音データはわざと美鈴を誘導してパワーハラスメントをしているように見せかけたと白状します。

じつは、美鈴をジャマに思っていた専務が、ニセのパワーハラスメントをでっち上げた罠だったのです。

こうして見事に、美鈴の無実を証明したかに見えましたが…。

じつはここからが驚きの展開でした。

本当の罪とは

無実が証明された美鈴を連れて翔子が向かった場所には、城野優(平山浩行)と中山茜(原田佳奈)が待っていました。

かつて美鈴は、部下だった城野に想いをよせていたことが明かされます。

でも、城野は中山と社内恋愛をしていました。

嫉妬した美鈴は中山にしつこく暴言メールを送り続けて、ついには恐怖で中山は会社を去り、今でも心の傷をおっていたのです。

裁判のパワーハラスメントはでっち上げでしたが、中山へのパワーハラスメントは本当にあったことで、美鈴の本当の罪はこちらだったのです。

ただ謝ってほしいと訴える中山に、美鈴は「…わたし、謝らない。お金で解決させてもらうわ」と告げ、一人その場を去ってゆくのでした。

「ただ謝ってほしいんです」と話していた被害者の美鈴が、立場が変わり加害者となったとき、そう簡単には謝れないという女の割り切れない想いがありました。

リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜2話の感想

ラストのどんでん返し

2話、とってもおもしろかったです!

美鈴のパワーハラスメントは何かの間違いなんだろうな…と先が読めたのですが、まさかもう1つの罪があったとは予想できませんでした。

原作が小説やマンガであると、結末を知っているのであまりドキドキ感がありませんが、今回のどんでん返しにはやられました。

これはオリジナル脚本の良さですね。

ドラマちゃん
ドラマちゃん
裏に隠されたパワーハラスメントを見抜いた翔子はすごい。

そして斉藤由貴の豹変ぶり、さすがです。

天使と悪魔と両面を表現できる女優さんですね。

「…わたし、謝らない」と言った複雑な表情の演技、お見事でした。

いや、とっても身勝手なんですよ?

会社には被害者としてただ謝ってほしいと訴えながら、加害者になったとたん絶対に謝らないわけですから。

矛盾しているし、人として尊敬はできません。

でも、こういうことあるよねーとつい共感してしまう斉藤由貴の表情。

白黒ハッキリなんて割り切れないのが人間だよねーと納得してしまう見事なラストでした。

美しすぎる悪役たち

Felix & Temma法律事務所のエリート弁護士 海崎勇人向井理)と野心家の若手弁護士 白鳥美奈子菜々緒)。

こんなに悪役が似合う2人はそうそういません。

おそろしいほどの美男美女。

そんな2人が毎回翔子に見事にやりこめられて悔しい表情を見せてくれると、見ているこちらはスカッとするんですよね。

2話ではそんな2人の世にも美しいキスシーンがありました。

内容的には、翔子が気になって仕方がない海崎。

「もう過去の人じゃないですか忘れてくださいよ」という意味を込めて白鳥が壁ドンキスをしたわけで、愛し合っているキスでは全然ないんです。

でも、広がる夜景と、夜のオフィスという設定、しかも美男美女のキスということですっかり見入ってしまいました。

海崎は翔子が忘れられないんですね…。

元恋人だったのか、それとも恨みでもあるのか、とても気になります。

この先、法廷で海崎と翔子が対決する日も来るのでしょうか。

翔子の仕事熱心な一面

翔子はお金が大好きという設定。

成功報酬目当てでどんな仕事でも引き受けます。

でもその割に…録音データが怪しいと何度も聞き込んでみたり、城野が裁判のカギを握ると思えば直接会いに行ったり。

仕事熱心な一面が見えてきます。

本当の罪をつぐなってもらうために美鈴を連れ出したのも、お金のためではなさそうでした。

「美鈴が中山と和解できたら」と考えていたような気がします。

お金大好き、自由奔放で勝手なふるまいも多い翔子ですが、元弁護士としてのハートを忘れていない真摯な姿勢が見ている人をひきつけるのかもしれませんね。

ロケ地は栃木県 真岡(もおか)鉄道

鉄道オタクという設定の翔子。

2話では栃木県 真岡(もおか)鉄道のSLもおか号の中でロケが行われたようです。

SLもおか号は土日祝日に運転中とのことで、今でも予約なしで乗車することができるんですよ。

駅弁を美味しそうにほおばる翔子。

翔子はけっこうよく何か食べてますよね(笑)

事務所でも、みんなが仕事しているのに、翔子だけポテトチップスをバリバリ。

豪快で翔子らしいシーンでもあります。

ドラマちゃん
ドラマちゃん
次はどこの駅弁が登場するのでしょうか!?

まとめ

木曜夜9時放送のリーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜。

2話は先が読めないどんでん返しのストーリーでした。

1話よりさらに視聴率が高かったのもうなづけます。

米倉涼子はもちろんですが、斉藤由貴の表情にも注目してみてください。

「見逃してしまった!」「もう一度見たい!」という方は動画配信サービスauビデオパスで全話見ることができます。

月額562円ですが30日間は無料で動画を見ることができるので、無料期間中の月末に退会すればもちろん無料。

無料期間中に一気に見るというのが賢い使い方かもしれません。

auビデオパスはテレビ朝日系のドラマが強いので、リーガルVと一緒にほかのドラマを楽しむのもありですね。

リーガルV見逃し配信中[PR]