リーガルV

【リーガルV第3話の感想】チーム感出てくるも細部がモヤっと

この秋大注目のドラマ、木曜よる9時放送のリーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜。

わたしのまわりでも毎週楽しみに見ている人が多いです。

1話完結でわかりやすいストーリーなので、見ててストレス発散になるんですよね。

注目のリーガルV第3話のあらすじと感想を紹介します(ネタバレもあり)。

ドラマちゃん
ドラマちゃん
3話はチームワークで勝利をつかみとりました!

リーガルV見逃し配信中[PR]

リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜3話のあらすじ

3話の舞台は大自然の真っただ中、緑が広がるキャンプ場です。一体どんな事件が起きたのでしょうか。

リーガルVの登場人物(第1話感想)はこちら

キャンプ場で起きた殺人事件

親睦会をしようとキャンプ場にやってきた「京極法律事務所」のメンバー。

ハイキングをしたりバーベキューをしたり自然を満喫していたところに、大鷹高志(勝村政信)が偶然通りかかります。

大鷹はビシッとスーツ姿。

実は殺人事件の捜査のためにキャンプ場をおとずれていたのでした。

2か月前、このキャンプ場で女性の撲殺体が見つかっていて、女性の夫である浅野洋平(桐山漣)が一緒に現場にいたことが分かり、殺人容疑で逮捕されていました。

大鷹は浅野の弁護を引き受けたのはいいものの浅野には愛人がおり、しかも殺された妻に多額の生命保険をかけていたことも後から分かってしまいます。

しかも、浅野は「自分は妻を殺していない。犯行時刻の午後4時には愛人に会うために新宿にいた」と無罪を主張していました。

ドラマちゃん
ドラマちゃん
ちなみに3話に登場したのは東京都青梅市にある御岳登山鉄道(ケーブルカー)でした。

アリバイの証人を探して

小鳥遊翔子(米倉涼子)は、この事件が世間で大きなニュースになっていることを知りました。

そこで、裁判で勝った場合は「京極法律事務所」の手柄だと世間に宣伝するという条件で、大鷹の調査に協力することにしたのです。

キャンプ場から新宿までは片道2時間。

浅野が事件のあった日の午後4時に新宿にいたことが証明できれば、浅野の無実が証明されることになります。

「新宿で高校時代の美術教師 蟹江光晴(岡本信人)夫妻を見かけ会釈した」という浅野の証言を聞いた翔子と大鷹は、蟹江夫妻のもとへ向かいました。

ドラマちゃん
ドラマちゃん
蟹江夫妻のいる静岡では、天竜浜名湖鉄道が登場しました。

恩師は遊び人だった

翔子と大鷹はすがる思いで会いにいきましたが、蟹江夫妻はどちらも新宿には行っていないと否定しました。

蟹江夫妻の態度がうそをついているようだと感じた翔子は、馬場雄一荒川良々)に蟹江を尾行してもらいます。

すると驚いたことに、蟹江の女遊びが次々と発覚します。

同じ学校の女性教師と不倫を繰り返していたことが分かったのです。

しかも、奥さんも蟹江の不倫に気づいていたのでした。

傍聴席にサプライズゲストが

蟹江は証人として出廷しました。

「私は事件のあった日、新宿には行っていない。

さらには、教え子の浅野くんに新宿で会ったとウソをついてほしいと頼まれた」と証言した蟹江。

しかし、傍聴席にはサプライズゲストが座っていました。

それは蟹江の奥さんと、蟹江の不倫相手の女性教師でした。

女性教師は「確かにその日、蟹江先生と2人で新宿にいました」と証言。

浅野が見たのは、蟹江と不倫相手だったのです。

不倫が妻にバレることをおそれた蟹江は、自分を守るために新宿には行っていないなどとウソをついていたのでした。

こうして浅野が午後4時に新宿にいたというアリバイは見事に証明され、無実をはらすことができました。

その後、真犯人も捕まり、殺人事件は解決したのです。

リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜3話の感想

注目の若手俳優 桐山漣

浅野役の桐山漣さん、いかにも悪そうな若者の役が上手でした。

神奈川県出身の33歳(ドラマ放送時点)でこれまで数多くのドラマ、映画に出演しています。

仮面ライダーWとして活躍し、今でもお子さんやママ世代のファンが多いようです。


態度も悪そうだけど、どことなく憎めない感じがあるんですよね。犯人役やだらしない男の役が多いですが、ぜひ若手の犯人役No.1を目指してほしいです。

モヤっとしたところ

それから、浅野(桐山漣)の無罪が証明されたのはいいのですが、結局愛人はいたわけですし、奥さんに多額の生命保険はかけていたわけで無罪の善人ってわけではなかったですね…。

愛人との関係もスッキリして、奥さんとやり直そうと思った矢先だった…とかの切ないラストならなお良かったな~と思いました。

だって愛人と新宿にいるとか、やってること蟹江先生とまったく同じですよ(笑)。

あとは、真犯人と奥さんの関係も説明はなく、なぜ殺したかも説明がなかったのでちょっぴりモヤっとしましたね。

祝・ヤメ検の事務所入り

大鷹高志(勝村政信)は、元検事でしたが弁護士になった通称「ヤメ検」。

今までは京極法律事務所に入り浸っているものの、上から目線のアドバイスをするだけでした。

しかも3話でライバルのFelix & Temma法律事務所にスカウトされ、すっかり舞い上がってしまいます。

結局Felix & Temma法律事務所からあなたはもう必要ないとあしらわれ、京極法律事務所に出戻り。

3話でようやく京極法律事務所の一員となったのでした。

よーく見ると、人物相関図がマイナーチェンジしています。

3話はメンバー一人一人が証拠集めに奔走して、「チームワーク」感がどんどん出てきていて、「チームV」らしくなってきました!

ドラマちゃん
ドラマちゃん
私こういうの好きです。

リーガルVをつくるとき、米倉涼子の代表作ドクターXと違うキャストで新しくつくろう!と始まったそうですが、勝村政信だけは外せないとリーガルVにもキャスティングされたそうです。

この2人の掛け合いは見てて楽しいし、コンビの安定感ありますよね。

ドラマちゃん
ドラマちゃん
3回は大鷹さんの回でしたが、他のメンバーが活躍する回も見てみたいですね。

まとめ

3回はヤメ検・大鷹さんも京極法律事務所に加わり、チームとしての動きが見られた回になりました。

個人的には海崎(向井理)が出てこなかったのが残念。

1週間に1度、目の保養が必要です(笑)。

次回はあのクールな顔で、翔子とバトルするシーンが見たいです。

「見逃してしまった!」「もう一度見たい!」という方は動画配信サービスauビデオパスで全話見ることができます。

月額562円ですが30日間は無料で動画を見ることができるので、無料期間中の月末に退会すればもちろん無料。

無料期間中に一気に見るというのが賢い使い方かもしれません。

auビデオパスはテレビ朝日系のドラマが強いので、リーガルVと一緒にほかのドラマを楽しむのもありですね。

リーガルV見逃し配信中[PR]